工事原価管理システム きっちり!げんちゃん

データをきっちり管理・分析することで
利益があがる。まさしく「儲かる道具」です。

製品概要

原価管理はお客様によってほしい帳票や情報が異なります。
「きっちり!げんちゃん」では、原価管理に必要な機能を幅広く網羅しています。
その機能からお客様がほしい帳票や情報の機能だけを利用できます。

手間を掛ければ厳しく原価を管理することができるのはコンピュータを使わずとも机上でも同じです。
手間を省き、早く、正確な原価管理データを作成、参照できることそれが「きっちり!げんちゃん」のコンセプトです。
データをきっちり管理・分析することで利益があがる。まさしく「儲かる道具」です。

PLANESTとシームレスな連動。

積算システム「PLANEST」で作成した実行予算書とマスタデータをげんちゃんで利用できます。
表紙データ、明細データなどを物件情報、実行予算として取込みます。

  1. PLANESTの画面
  2. きっちり!げんちゃんの画面資材などのマスタデータは、げんちゃんで使用するための実行予算要素で再構築し、取り込みます。

入力作業の簡略化。

業務の大半を占める入力作業は、キーボードでの入力操作を中心に効率的になっています。また、1度入力したデータを次作業でも利用するので入カボリュームが圧縮されます。

▲原価実績
▲注文実績データリスト

注文実績データを利用して原価実績データを入力します。資材や仕入先の選択の手間を省け、入力によるデータの相違も防げます。同じように実行予算データを利用も可能。また、既に入力している原価実績データをコピーして新たな原価実績データとして登鰻できます。

入力画面1

入力は、物件別か仕入先別または社員別の入力画面を選択できます。現場管理人の方などは物件別、事務の方であれば仕入先別または社員別と入力しやすい画面でスピーディに入力OK.

入カレペルは、"材料費"や"衛生器具"等とまとめた一式でも、画面のように"自動洗浄小便器XXX,XX"と規格レペルの詳細での入力も可能です。工種や仕入先または物件名、要素などは、入力後に範囲指定で一括設定や変更もおこなえます。入力画面2

▲労務日報

作業の開始/終了時間で入力すれば、会社情報に準じて時間數を算出します。また、1週間分などをまとめて入力する場合には、各時間數に1週間の集計時間を直接入力できます。前月などの既に入力している労務データをコピーして新たな労務データとして登録もできます。

見やすい画面表示。

見たい情報は一目瞭然。様々な角度からの集計表や分析表も画面でも確認できます。物件管理や原価実績の画面表示は、1行を2段で表示するのでスクロールも画面切り替え作業も最小限です。また、画面や帳票はパスワードでのアクセス管理もかけられます。

管理画面
  1. 受注物件を管理している画面です。
    よく利用される表示条件は、画面上にリストポックスやポタンで表示しています。
    受注物件管理画面
  2. 絞込画面
    メモなどに登録しているもっと詳細な物件情報を条件に設定する場合は、絞込機能を利用します。

豊富な帳簿類。

見たい情報を自由にレイアウトした帳票類を作成できます。帳票類は、全てExcelファイルに出力できます。Excelファイルをマクロなどで加工して社内資料に利用することも可能です。

帳簿選択画面
画面イメージ「総括工事台帳」
▲画面イメージ「総括工事台帳」
印刷イメージ「原価票」
▲印刷イメージ「原価票」

便利機能

請求回収機能オプション

請求/回収の実綾を入力、管理します。請求実績データを入力しながら、請求書の発行がおこなえます。また、入力している全データを月別に集計した出来高表では、収支予定などの参考に利用できます。

請求回収機能画面

支払査定機能オプション

仕入先別の物件別に集計した原価実績に対しての支払査定をおこなえます。仕入先マスターに設定した締日や銀行振込などの支払方法などにより支払査定画面に表示します。下請業者の立替分も査定対象データとなります。支払一覧表などの帳票はもちろん、支払通知書や振込依頼書、振込データも作成できます。

支払査定機能

製品機能

入力

  • 実行予算
  • 原価実績入力(物件別/仕入先別)
  • 労務日報入力(物件別/社員別)
  • 請求/回収
  • 支払査定

出力

  • 実行予算書
  • 注文台帳
  • 注文管理表
  • 原価表
  • 月別原価表
  • 原価管理一覧表
  • 仕入台帳
  • 仕入高集計表
  • 実績状況一覧表
  • 実績状況集計表
  • 工事原価明細
  • 総括工事台帳
  • 労務日報
  • 労務月報
  • 工数集計表
  • 外注管理表
  • 請求回収管理表
  • 支払一覧表
  • 支払予定表
  • 支払通知書
  • 振込依頼書
  • 注文書
  • 請求書(小口工事・雑少工事請求)

主な仕様

登録可能物件数 ハードディスク容量に依存
予算・注文・原価・労務データ数 ハードディスク容量に依存
マスター登録可能数
資材マスター4階層
1階層に100,000理論値256^3
  • 受注先マスター:9,999
  • 仕入先マスター:9,999
  • 社員マスター:9,999
  • 部門マスター:9,999
  • 単位マスター:999
  • 工種マスター:999
  • 物件メモマスター:999

仕様推奨動作環境

スタンドアロン/ネットワーククライアント
  • 各クライアントは同じOSバージョンのご使用を推奨します。
OS
  • Microsoft Windows 7/8/8.1/10
本体
  • 推奨OSが動作するコンピュータ
  • DVDドライブ(外付け可)
メモリ
  • 推奨OSのシステム要件で推奨される容量
モニタ 解像度1024×768ピクセル以上
ハードディスク 750MB以上データは除く
ネットワークサーバー
  • 2017年4月11日のMicrosoftによる「Windows Vista SP2 サポート終了」に伴い、弊社製品(Vista環境)でのサポートも終了しました。
  • Microsoft Windows、Microsoftofficeは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他記載されている会社名及び写真名は各社の商標まだは登録商標です。
OS
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
本体
  • 推奨OSが動作するコンピュータ
  • DVDドライブ(外付け可)
メモリ
  • 推奨OSのシステム要件で推奨される容量
モニタ 解像度1024×768ピクセル以上
ハードディスク 1GB 以上必要データは除く
注意点
  • できる限り最新のバージョンをご利用ください。
  • サーバーOSは出きる限りサーバー向けOSをご使用ください。
  • 本ソフトを動作させる場合は、Internet Explorerが必要です。
  • サーバーでソフトを動作させる場合は、クライアント同様の環境が必要です。
  • NetWare、UNIX、LINUX、マッキントッシュ等のMicrosoft Windows以外のOSは使用不可とします。
  • ピア to ピアの場合で共有するフォルダを置くマシンは、サーバーOS同等のものを推奨します。
    クライアントが使用しているOS以上は必須です。
  • 7. 本製品は、データベースとして、Microsoft SQL Server 2014 を採用しており、ご提供メディアには再頒布可能なMicrosoft SQL Server 2014 SP1 Express Edition が同梱されています。使用規模によって、上位エディションをご用意ください。
    8. 本製品は、Version4.33よりDVDメディアでのご提供となります。必ず事前にご利用されるPCの環境をご確認下さい。